コレクション: 明賀亘史

23年に独立。唐津、玄海町に窯を構える。

唐津の土に魅せられたからこそ、伝統的な手法で、土探しから釉薬づくりまで、自分で行う。しかし正統的古唐津の写しなどにこだわっているわけではない。唐津といえば(今でこそ)砂岩を用いることが一般的になってきたが、明賀さんは、そこには拘泥しない。

自らの足で原料を捕まえに行き、自らの目を信じて、自分が理想とする唐津を、追い求める。その実態は、山へ土を探すに行くこと、採った土が使い物になるか試すこと、様々な釉薬の調合のテストピースをつくること。多くろくろを挽くこと。そうした積み重ねでしかなく、明賀さんはしっかりと地に足をつけて力強く進んでいる。

 

商品が見つかりません
絞り込みの数を減らす、またはすべて削除する